オコズの不妊治療日記

30代前半会社員の不妊治療の様子を書くブログです

凍結結果

凍結結果が出ました。採卵11個中、凍結できたのは1個でした。

今回は、取れた卵のうち成熟したものを顕微授精し、半分を2日目まで培養して凍結して、残りの半分を胚盤胞まで培養して凍結する予定でした。その結果、2日目胚が1個凍結できて、胚盤胞まで育った胚は0個でした。

正直言って、ガックリです。培養の詳細をまだ聞いていないので、そもそも成熟した卵が少なかったのか、受精した卵が少なかったのか、受精したけど元気に育った卵が少なかったのか、分かりません。とはいえ、前回の採卵の時(採卵5個のうち、桑実胚1個、胚盤胞2個)よりも随分と成績が悪いので、ショックです。

前回は刺激周期での成熟卵採取で、今回はほぼ刺激無しの未熟卵採取であり、採卵方法が全然違うから結果が全く異なるのでしょう。

今回、採卵方法を選ぶに当たって、医師の説明では「うちの培養液は他のクリニックと違ってレベルがめちゃくちゃ高い。インターネットで調べるとIVMは普通のIVFに比べて治療実績が低い情報が出てくるけれど、うちの病院ではIVFと妊娠率がほぼ同じと思って良いから安心して下さい」と説明がありました。その割には今回の自分の凍結結果が悪かったので、嘘つきぃ〜と思ってしまいます。

とはいえ、この凍結できた1つの卵が妊娠に繋がれば、私の場合はIVFよりIVMの方が妊娠率が高かった、と、結果的にはそうなるので、移植結果が出るまではブーブー言うべきでは無いんだろうなとも思います。

そもそも、私の身体を使った試験例としては、各採卵方法で1回ずつしか結果がないことを思うと、反復数が少なすぎて各採卵方法の評価なんて出来ない。と余計なことを考えて自分の心を落ち着かせます。でもでも、こんなに成績が悪い採卵周期の卵って大丈夫なの??とも思ってしまうし、心がモヤモヤしっぱなしです。

やってみなきゃ何も分からないけど、やる度に体に負担がかかり、多額の費用がかかり、神経もすり減り、仕事は進まない、という苦しい毎日が不妊治療というものなんだなぁ。と感じています。

 

一昨日は採卵日でした

2回目の採卵です!今回はIVFではなく、IVMをすることになりました。

IVMとは、未熟卵を採取して体外で培養し、成熟させた卵に受精させる方法です。その後はIVFと同じ流れです。誘発剤を使わないので身体に負担が少ない方法です。私は多嚢胞卵巣症候群で、未熟な卵が一斉に同時に育ってしまう性質なので、この方法が適しているということで、今回チャレンジすることにしました。誘発剤を使わないと聞いていたので、今回は自己注射がないと思い込んでいたのですが、採卵2日前にはhcg注射を打たなきゃいけなかったのと、あまり卵胞の育ちが良くなかったので注射を2回追加したので、結局IVMでも自己注射から逃れることは出来ませんでした。

採卵当日の流れは前回の普通の採卵と同じで、静脈麻酔で眠っている間に膣から針を刺して卵胞内を吸い出す、みたいな感じでした。リカバリールームに戻ってから麻酔が覚めて、しばらく様子を見てから帰宅しました。

術後のリカバリールームで出血が止まらず、再度内診台に乗って止血作業をしたのですが、この時が一番苦しかったです。止血作業ですぐに血が止まって、その後は腹痛も穏やかで順調です。

卵は11個採れました。この子達が成熟卵になって、受精して、卵割して、、、と関門が沢山ありますが、せめて3個は移植可能な卵に成長してくれると嬉しいな。日曜日に受精卵の凍結確認メールが来る予定です。

胎嚢確認日

今日は胎嚢確認日でした。

結果確認できず。hcgの値も下がっていました。化学流産です。

気が抜けるような感覚です。脱力。

でも着床したことが分かっただけでもありがたいので、次に向けて頑張るしかないです。

サンちゃんありがとう、さようなら。

 

とは言いつつ、やっぱり辛い。

判定!

BT14

BT12は判定日でした。結果は陽性!

hcgの値は250.5mIU/ml。この時期は100以上あれば順調らしいので、バッチリです(*゚▽゚) 先生はとても明るく、いつもよりテンション高く報告してくれました。

さっそく旦那に報告すると、いつもより早く帰ってきてくれて、とてもよろ喜んでくれました。私も嬉しい〜。お赤飯を炊こうってことになりましたが、材料が無かったので代わりに十五穀米を炊いて食べました。

BT14, 4w5dの今日、特に体調に変化はありません。弱い弱い下腹痛が時々あるのと、ほんの少しだけ胸やけっぽい感覚があるくらいです。

このまま順調に進みますように。サンちゃん頑張って〜(*゚▽゚*)

 

BT10,11の体調

BT11

下腹部痛が少なくなってきました。胸の張りや乳首痛は相変わらずありません。そして、やや胸やけ気味です。胃痛もほんの少しだけあります。

昨日(BT10)の夜、布団に入った後に下痢のような腹痛がありました。お腹がゴロゴロしてる時の苦しい感覚です。でもトイレに行っても何も出ません。で、数分後にすーっと引いて、次は胸やけが起こり、しばらくするとまた下痢のような腹痛がきて、またトイレに行って、何も出なくて、また胸やけが来て…。というのを2時間繰り返しました。朝起きると腹痛は治まっていましたが、胸やけは残ったままです。

サンちゃんに何かあったのかとヒヤヒヤです。

明日はついに判定日。サンちゃん元気に育っていてね。

BT9の体調 フライング

BT9

検査薬で陽性反応が出てから楽しい妄想と不安な気持ちが頭を占拠しています。旦那と話をしていても、本を読もうとしても、趣味の手芸をしようとしても、なんだか集中できません。

そして、今日の朝方までずーっと下腹部痛があったのですが、起きたら下腹部痛が全く無くなっていました。なんで??不安。。。

体温は高温期の範囲内ですが、腹痛がなくなるとなんだか不安です。サンちゃん、元気にしてますか〜?とお腹に問いかけてみます。

不安なので、再び検査薬を使ってみました。結果は、二日前の反応とほぼ同じ。終了線が先に出て、しばらくしてから判定線が出てくる。線の濃さは二日前とほとんど変わりません。線の下半分だけ二日前よりも濃いかな?という感じです。

 

はっきり安心はできないけど、サンちゃんはきっとお腹の中で元気に過ごしてると思います。判定日までドキドキだけど、特にどうすることもできないので、薬をしっかり飲んで、できるだけ安静で過ごします。

 

BT7 ,8の体調 フライング

BT8

地味な腹痛が続いています。他に胸の張り、乳首痛、茶オリなど、特記するような症状はありません。体温はいつもの高温期と同じくらいです。

 

そして、昨日(BT7 )フライング検査をしてみました。やるかどうか迷いましたが、ちょっとでも着床してるならそれを知りたいし、買っておいたドゥーテストの使用期限が今月末までだったので、やることにしました。会社から帰って晩御飯を食べ終わってから、そそくさとトイレに行って検査しました。

尿をかけて1分後、検査窓全体がピンクになってぼんやり。終了線も微妙な出方でした。もう1分経つと、終了線がはっきり出て、判定線の所にもぼんやり何かが見える!わぉっ!これは陽性では??と思って慌てて旦那に持って行き、線出てる??って聞いたら、旦那は終了線を見て、「うん。はっきり出てる」って。違う違う、そっちじゃなーい。

そういえば、今までこっそりフライング検査してたから、旦那は妊娠検査薬を見たことないんだった。というわけで、検査薬の見方を説明しました。そうこうしているうちに、判定線がどんどんくっきりしてきて、明らかに陽性!紛うことなき陽性!人生で初めての陽性!!!嬉しーっ!涙ぐんでしまいました。

そんな私を横目に旦那はとても冷静です。まだこの先どうなるか分からないから、あんまり喜び過ぎないように。という態度でした。仰る通りです。でも嬉しい。とにかく着床はしたんだから、一歩前進だー!